ホーム

個人・企業からの仕事を、インターネット上で不特定多数の個人・企業に仲介するサービス 「クラウドソーシング」。

最近増えている、国内のクラウドソーシングサイトを一覧にまとめました。 各サイトのおすすめポイントや評判をそれぞれ比較して紹介しています。

総合型  [解説を見る]
日本最大級のサイト。6年以上の歴史があり機能も豊富!
総合型  [解説を見る]
各種メディアにも数多く掲載されている、注目のサイト!
総合型  [解説を見る]
在宅ワークでちょこっとお仕事。主婦におすすめ!
総合型  [解説を見る]
人材活用ならおまかせ。パソナグループの会社が運営!
デザイナー向け  [解説を見る]
イラストやデザインに強み。クリエイター向けのサイト!
総合型  [解説を見る]
制作から占い、相談まで対応の、ワンコインマーケット!
かんたん  [解説を見る]
人気の高い、ライティング特化のお仕事サイト!
かんたん  [解説を見る]
ポイントを多く獲得できるキャンペーンを狙おう!
総合型  [解説を見る]
No Image
CG・映像に強み。手数料の安さもメリット!
総合型
小さなニーズの解決に。ソーシャル掲示板サービス!
総合型  [解説を見る]
No Image
アイデアや意見が商品に反映される「共創」の広場!
デザイナー向け  [解説を見る]
No Image
自分に合ったイラストの仕事を、紹介してくれるサービス!
デザイナー向け  [解説を見る]
No Image
デザインコンペに特化。有名企業の発注も!
デザイナー向け
チラシやロゴなどのクリエイティビティの流通サイト!
かんたん  [解説を見る]
No Image
子育て・家事で忙しい、女性のためのサイト!
かんたん  [解説を見る]
No Image
「げん玉」の会社が運営。獲得できるポイントも共通!
かんたん  [解説を見る]
案件数は業界トップクラス。記事を書く仕事が豊富!
総合型  [解説を見る]
No Image
多彩なワーカーが集結。登録会員は国内最大級!
総合型  [解説を見る]
No Image
小~中規模案件が比較的多め。在宅の副業に!
総合型  [解説を見る]
No Image
信頼性の高い、実名制のクラウドソーシングサイト!
テスター向け  [解説を見る]
No Image
アプリの使い勝手をテストする仕事。注目は報酬の高さ!
テスター向け  [解説を見る]
Webサービスやサイトを手軽にテスト!
ものづくり
アイデアやデザイン、ネーミングを通じてものづくり!
地域密着
ご近所サポートでお悩み解決。地域の仕事ができるサイト!

新規リリースされたサイト

ここ数ヶ月の間に新しくリリースされたクラウドソーシングサイトです。

クリエイター向け
クリエイティブ専門、品質重視の受発注サービス!
総合型
視覚的に操作できる、使いやすさ重視のサイト!

まだまだあります

クラウドソーシングサイトはまだまだあります。 → 他のクラウドソーシングサイトをもっと見る

その中から3つピックアップして紹介します。

テスター向け
ソーシャルゲームを遊んでアンケートでお小遣い稼ぎ!
かんたん
自分の気に入った商品を他の人に紹介しよう!
翻訳者向け  [解説を見る]
No Image
翻訳に特化したクラウドソーシング。スキルアップにも!

クラウドソーシングについて

クラウドソーシングは、IT・Web開発やデザイン、ライティング、翻訳などの仕事を、IT機器を駆使して、在宅やノマドで時間や場所を選ばずに行うことができる、新しいワークスタイルとして最近注目を集めています。 最近になって、仕事を受注・発注できるクラウドソーシングサイトが続々と登場してきています。

クラウドソーシングの利用者・利用シーンは、フリーランス・SOHOから、サラリーマンの副業、主婦の内職、お小遣い稼ぎまでさまざま。特にフリーランスの方には、自分のスキルを生かせる絶好の環境でしょう。主婦の方にとっても、家事や子育てをしながら、時間のあるときだけ在宅ワークで仕事ができる、ありがたいサービスだと思います。

また、多くのクラウドソーシングサイトは、仮払い方式(エスクロー)を採用しているため、支払いに関するトラブルを少なくできるのもメリットです。

まずは登録してみよう

会員登録は無料で行うことができますので、初めての方は一通り登録してみましょう。登録したら次は、自分のプロフィールを書いたり、掲載されている仕事のリストを眺めたりしてみましょう。そうしているうちに、クラウドソーシングサイトの雰囲気が分かってくると思います。

仕事を受けるときは、もし不安があれば、最初にネーミング(社名などの名前募集)やタスク(作業)の仕事を受けてみるのがおすすめです。慣れてきたら徐々に自分の得意分野の仕事に挑戦すると良いでしょう。

↑ページの先頭へ