記事のライティングを発注できるクラウドソーシングサイトを比較

インターネットを使った情報収集はもはや当たり前となりました。情報系ブログやポータルサイトなどの運営者にとって、量・質の優れた情報記事を提供することは、ますます重要になってきています。

自分たちで記事を用意することもできるでしょうけれど、やはり限度があります。記事のライティングは文章を書くのが得意なライターに外注するのが効率的です。

クラウドソーシングサイトにはプロのライターも多く登録しており、しっかり高品質な記事を書いてくれます。また在宅ワーカーや副業のライターも多く、素人目線でプロとは違った文章が書けることでしょう。

多くの記事を希望する場合はタスク型での発注がおすすめです。多数のライターが一斉に作業してくれるため、非常に速いスピードで目的の量が集まります。価格の安さもメリットで、1記事を数十円~数百円ほどで募集することができます。

読者を満足させる記事を提供できれば、自サイトのPV増加や滞在時間増加、そしてコンバージョン増加につなげることができるはずです。

記事のライティングを外注できるクラウドソーシングサイト

8年以上の歴史がある大手サイト。活用事例が豊富!

ランサーズでは、記事ライティングの仕事の発注が非常に活発に行われています。ここで活動しているライターの人数はとても多く、また発注者も大勢が利用しています。管理人もよくここを使っています。

タスク型での発注が便利で、ライター用の入力フォームを自分で自由に作成でき、細かい指示がしやすくなっています。文字数の指定や重複チェック、それにキーワード等を書いたCSVファイルのアップロードなども可能。多くの量の記事が欲しいときにおすすめです。

まとまった依頼の場合はプロジェクト型で発注するのが良いでしょう。

常に数百件~数千件の案件が掲載されているため、自分の発注案件がその中に埋もれてしまうのでは、とお思いの方もいるかも知れませんが、そんなことはありません。依頼内容や報酬額が適切であれば、発注したその日のうち作業完了することもよくあります。

各種メディアにも数多く掲載されている、注目のサイト!

こちらもタスク型、プロジェクト型で記事の発注が可能です。ランサーズに勝るとも劣らないぐらいの盛り上がりを見せています。

どちらかと言うとプロジェクト型の方が中心のようです。スキルの高いライターに、質の高い記事を書いて欲しいときはクラウドワークスが非常に役に立ちます。ポータルサイトや情報系ブログで充実したコンテンツを用意したい場合などにぴったり。

相場が分からない場合も「見積もり希望」とすることで、ライターから提案とともに見積もりをもらうことができます。いくつかの提案を見比べて、予算に合う中で最もマッチするライターに発注をかけましょう。

さまざまなスキルを持った在宅ワーカーに依頼できる!

在宅ワーカーが多く集まるシュフティで、ライティングは最も活発なカテゴリです。

タスク型・プロジェクト型ともに対応し、どちらもライターに人気です。タスク型はランサーズに比べてフォーム作成機能がシンプル。必要事項を記入するだけの簡単操作で、使いやすくなっています。

ランサーズやクラウドワークスに比べてシステム手数料が安いのもメリットです。

かんたん [解説を見る]
人気の高い、ライティング特化のお仕事サイト!

ライティング特化として人気のあるShinobiライティング。SEOを目的とした記事に強みがあり、アフィリエイトで収入を得ている人の外注先としてよく使われています。

ライターから納品された記事は全てコピペチェックが行われるため、オリジナリティの高い記事を入手できます。運営側のサポートもあり、ノウハウを持った担当者がキーワードを提案してくれるなど、発注者の漠然とした要望にも答えてくれます。

クラウドソーシングの仕組みではあるものの、信頼できる外注先に発注する感覚で進めることができそうです。

ひととおり会員登録しておくのがオススメ!

ほとんどのサイトは会員登録を無料で行うことができますので、まずは登録してサイトの中を眺めてみましょう。どのサイトを使って発注するか決めるのは各サイトを使ってみてからでも遅くありません。また、複数サイトを使って同時に募集することも可能です。

↑ページの先頭へ

ホームに戻る